「図書館の書架が満杯ではない」ことが悪いこと? 和歌山市議のツイートを考える

和歌山市議が図書館の新しい分館に対して文句を言ったことで炎上しているようです。内容を読んでみたのですが、どう考えても文教に対して無知な方のようです。

 

“「図書館の書架が満杯ではない」ことが悪いこと? 和歌山市議のツイートを考える” の続きを読む

本は読まないほうがよい? 先人たちの言葉から考える読書論

このブログでは「読書」とはなにか、ということを考えるようにしています。

私は司書なので、常日頃から図書館はなぜ必要なのか、ということを考えています。いまの図書館はどちらかというと「娯楽施設」の面を強くしているのですが、そうすると図書館とはミステリ小説を読む場所くらいに考える人が多くなっているのではないか、と思います。

“本は読まないほうがよい? 先人たちの言葉から考える読書論” の続きを読む

誰よりもたくさんの本を読む! 読書の時間を作る方法

読書をしたい! と思ったとき、あなたはなにを考えますか?

たとえば仕事中にぼんやりと「家に帰ったら読書をしよう」と考えます。

しかし、実際に家に帰って読書に手をつけることはない……そういう経験ってありますよね。

一人暮らしなら、目の前に家事が山積していることもあるでしょうし、そうでなくてもおもわずテレビやパソコンをつけて見入ってしまう。そんなことをしようなんて思ってもいなかったのに、結局そうなってしまいますよね。

私は司書をしているので、月に100冊は本を読んでいます。精読した本に限ると、だいたい30冊前後です。

なんでそんなに読めるの? とよく聞かれるのですが、私の場合、ふつうの方とかなり異なる生活をしているから、と明確に言えます。

この記事では私の経験を踏まえながら、「どうしたら読書をするか」ということを考えてみたいと思います。

 

“誰よりもたくさんの本を読む! 読書の時間を作る方法” の続きを読む

読書とはなにか。読書について考えてみよう!

みなさんは読書が好きですか?

もちろん読書が好きであれば、おそらく一心不乱に今も読書をされていることでしょう。

しかし、「読書が嫌い」「好きだけど、時間がなくなった」など、さまざまな原因で読書ができない方もたくさんいらっしゃると思います。

このブログでは、読書についていろいろと考えています。この記事では、まずは「読書とはなにか」をご紹介します。読書の正体を知ることで、読書に対して身構えることがなくなり、気が楽になりますよ!

 

“読書とはなにか。読書について考えてみよう!” の続きを読む