世界観に圧倒され、歌に圧倒される。映画「美女と野獣」レビュー

 

映画の中でなんども涙をしてしまいました。

話題のディズニー映画「美女と野獣」。ほうぼうで話題になっていますね。

個人的にはエマ・ワトソン主演ということで過熱気味なんじゃないかなと思っていたのですが、実際に見てみたらまったくそんなことはない、それどころか正統派の超大作でした。

もしかしたら、これがいまの子どもたちのあこがれになり、古典となっていく作品なのかもしれません。

というわけで以下、実際にみてきた感想を述べたいと思います。

 

 

 

なにをおいてもエマ・ワトソン! ベル役はハマり役!?


本当にエマ・ワトソンが輝いていた作品でした。

彼女の美貌は言うまでもありませんが、それが「ベルイエロー」の色のドレスや中世フランスの古城にとても似合うわけです。もうほんとにファンタジーの世界の住人です。

ツイッターでは「ベルイエローを着よう」というようなキャンペーンをやっていたりしてピックアップされてしましたが、このイエローは「知性」や「自分らしさ」を表すそうです。

作中でベルは知性と自立を備えたすばらしい女性として描かれるわけですが、エマ・ワトソン個人の人格をどうしても重ねずにはいられませんでした。彼女は本当に知的な美しさがあるんですよね。

野獣とダンスを踊るシーンなんてセットとあいまったその美しさだけで涙が出てくるわけですが、お話の大筋はみなさんもご存知のとおり「心の美しさ」なわけです。以下引用。

“人と違う”事を自分だけの輝きに変えるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分を受け入れられない野獣──ベルはなぜ、そんな野獣を愛したのか?知られざる真実がいま明かされる。(公式サイトより)

ベルは一貫して自分を持っており、彼女はその信念で野獣の持つ本当の心を見抜きます。

聡明なベルには美しさもさることながら、強く美しい心を持つ女性がうってつけなわけで、そういう意味でもエマ・ワトソンのイメージにぴったりでした。

 

 

ほかの登場人物も愛嬌たっぷり! 城の住人も悪役も?


城の住人たちはもうディズニーランドでほうぼうに登場するので有名も何もないわけですが、今回とてもキャラが立っててよかったなと思うのが、悪役のガストンとル・フゥです。

ガストンは男前で村の人気者なのですが、どうも欲しいものはどうやっても手に入れるというタイプの男です。ル・フゥはそんな彼の親友で、しょっちゅう彼といっしょにつるんでいます。

アニメの美女と野獣と違わずひどいことをするガストンとル・フゥなのですが、このふたり、アニメ版以上にキャラが立ってたのではないのかなと思うのです。

特に私がお気に入りになったのはル・フゥ。どこか憎めない彼は、悪役といっても親友であるガストンの肩を持つだけで、ガストンのことが心配なだけなようです。

このル・フゥ役のジョシュ・ギャッドという役者さん、どこかでみたことあるなーとは思ってたのですが、映画「スティーブ・ジョブズ」でウォズニアック役をやっていたそうです。また声の出演で「アナと雪の女王」のオラフ役だったとか。彼の歌も素晴らしかったですが、すでにディズニー映画の経験を積まれた方だったわけですね。

酒場でガストンをたたえる歌を歌っているシーンなんかはわくわくしてたまらなかったほどです。そのあととんでもないことになるわけですが、まぁそれは物語上わかってたことで。しかし物語をこれだけ引き立たせているのは、こういった周りのキャラクターたちでもあるなと思います。

 

 

まとめ:本当にあっという間の、夢のような2時間。


もともと、アニメ版の「美女と野獣」はアカデミー賞に唯一ノミネートされたアニメーション作品として有名でした。その時に作曲賞なども受賞しています。

それくらい「美女と野獣」のあの歌は素晴らしいものなわけですが、今回それがパワーアップしたというのも見所のひとつです。

セットの美しさと豪華さ、そしてキャラクターたちの魅力はこの歌曲によってより高次元へ引き立てられています。思わず自分も歌い出したくなってしまいました。

正直、エマ・ワトソン目当てで行ったというところもあったのですが、そんなことは忘れて映画に没頭できる本当にすごい作品でした。最初に「古典になる」なんて書きましたが、これはあながち間違いじゃないのではと思います。

せっかくのゴールデンウィーク、ぜひ上質な映画をみて最高の体験をしてみてくださいね。

 

 

投稿者: 森野

図書館で司書をしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です